ブルーベリーを冷凍した場合の栄養素

長寿遺伝子を活性化する作用を発揮する「レスベラトロール」というポリフェノールの一種を含んでいるということで、現在注目を集めているブルーベリーは、冷凍することにより有効性を長期間キープすることが可能です。

 

これは、ブルーベリーの内部に含まれている酵素の機能が停止するためです。さらに、アントシアニンというポリフェノールの一種は、冷凍することにより増加することが判明しています。

 

つまり、そのまま食べるよりも有効性が高まるということになります。

 

ちなみに、冷凍したブルーベリーを食べる方法としては、スムージーやジャム、スコーンなどの様々なレシピが考案されていますが、これらの方法ではせっかくの栄養素が壊れてしまうので、あまりオススメではありません。

 

加熱したり破壊すると、ビタミンCなどの熱に弱い栄養素は減少してしまうからです。このために、出来るだけそのままの状態で食べるのが有効であり、効率的に栄養素を補給するための方法となります。

 

具体的には、ヨーグルトに入れるような食べ方がオススメです。

 

抗酸化作用を発揮するビタミンCやポリフェノールを壊さずに補給できるので、老化による不調を防ぐアンチエイジング効果が期待できます。

 

 

 

ブルーベリーの栄養や成分は?

ブルーベリーに含まれる栄養や成分には以下のようなものが挙げられます。

 

まずはアントシアニンです。

 

これはブルーベリーの黒紫色のもとである天然色素成分で、とても強い抗酸化力を持っているのが特徴です。ブルーベリーが目の健康維持に対して良いと言われているのは、アントシアニンにより瞳を活性酸素の攻撃から守ることが期待できるためです。

 

更にアントシアニンには、物を見る上で欠かすことができないロドプシンの再合成を助ける働きがあるとも言われています。

 

抗酸化力と言う点に関して言えば、アントシアニンと同じように抗酸化力の強いビタミンEも含まれているので、より強力な作用を期待することができます。

 

それからビタミンAも、含まれている成分のひとつとして挙げることができます。このビタミンAには皮膚や鼻、目の粘膜の維持に対して大きな作用を持っているとされています。

 

また、目の網膜の維持に対しても良い作用をもたらすので、このことも目の健康維持に効果が期待できる、と言われている理由としては挙げられます。

 

細菌やウイルスから体を守る効能があるともされている栄養なので、積極的に摂取することが望ましいです。

 

尿路殺菌作用や、シミの原因であるメラニン色素に働きかけるアルブチン、亜鉛と言った栄養も多く含まれています。

 

 

 

ドライブルーベリーに含まれる栄養は?

ブルーベリーは奇跡のフルーツと呼ばれるほど栄養豊富です。「目にいい」という話をCMや広告で見たり聞いたりした方も多いのではないでしょうか。

 

特に注目されているのが、ポリフェノールの一種「アントシアニン」です。視覚機能の改善や、眼精疲労の改善に効果があります。また、抗酸化作用があることもわかっており、アンチエイジングも期待できます。

 

ブルーベリーは皮ごと食べられるので、種子に含まれる豊富な食物繊維も丸ごと摂取できます。水溶性と不溶性のどちらの食物繊維も含まれ、その量は同量のバナナの2倍以上です。またビタミン類も豊富で、ビタミンA、Eが摂取できます。

 

ビタミンAには目の粘膜を丈夫にするなどの効果の他に、尿路殺菌作用もあって、女性に多い膀胱炎対策としても嬉しい効果ですね。ビタミンEは抗酸化作用に強い力を発揮します。

 

ビタミンCは生には少し含まれていますが、ドライにするとほぼ失われてしまいます。生よりもドライであることのメリットは、何といっても同じ量でしたらたくさんの栄養を取ることが出来る点です。

 

生のブルーベリーを買ったらカビが生えてしまった、などの経験をされた方もいらっしゃるかもしれませんが、ドライなら腐敗しやすい水分を除くことで、栄養だけをぎゅっと押し込めて保存も利くようになります。

 

 

 

妊婦に適している?

ブルーベリーは一般的イメージとして、目に良いフルーツとして子どもからご年配の方にも親しまれています。甘酸っぱく美味しい、そして鮮やかな色合いが魅力的な食品です。

 

しかし、どちらかと言えばブルーベリーを直接食べるより、冷凍されているブルーベリーやジャムなどの加工品、またはサプリメントとして補う方が多いのではないでしょうか。

 

例えばパンやヨーグルトなどにジャムを添えて食べたり、ケーキなどのデザート類に使われていたりと様々です。

 

また、葉酸は妊婦や妊活を始められている方には有名な栄養素ですが、ブルーベリーも妊婦に非常に適した食材であることはご存知でしょうか。

 

ビタミンやミネラル、目に良いと言われるアントシアニンが豊富に含まれているため、妊娠中の不定愁訴を解消し、貧血予防、便秘予防、また大切な胎児の先天性の異常を防ぐなど、まさに良い事ばかりの栄養食品であるのです。

 

勿論食品ですので摂取の心配もありません。

 

妊婦には意外にも知られていないブルーベリーのパワーですが、ご存知ない方は一日の食生活の中に少しでも取り入れることで栄養が摂れ、健康維持が見込めるでしょう。

 

中々摂取が難しい方にはサプリメントが手軽に補給できてお勧めです。

 

 

 

関連性があるサイトについて

このページでも少し紹介していますが、ブルーベリーにはレスベラトロールという成分が含有されています。

 

レスベラトロールには様々な効果が期待できます。

 

詳しい情報については、役立ちそうなサイトを掲載しておきますので、見てみてくださいね。